ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら
ログインできない場合はブラウザ上のCfCA Webのキャッシュとcookieをクリアして下さい。

CfCA News for December 2020

CfCA News for December 2020 / 令和2年12月号

Dear CfCA users,

Here is this month's CfCA News that is about:

* Announcement on the next system maintenance
* Application schedule for 2021FY
* Announcement of Users Meeting of CfCA
* Other information

Most of the information below is provided only in the Japanese language.
Please find someone familiar with the Japanese language for details whenever necessary.
Note that in what follows, all dates and time are designated in Japan Standard Time (JST).

天文シミュレーションプロジェクト計算機共同利用者の皆様、
今月号のCfCA Newsをお送り致します。

* 共同利用計算機群の次回の保守作業
* 2021(令和3)年度共同利用募集の予定
* 2020(令和2)年度ユーザーズミーティング開催のお知らせ
* その他のお知らせ

もし周囲に日本語を解さない利用者・利用希望者がいる場合はお手数ですが
指導教員や共同研究者より本ニュースの内容を周知していただけるようお願いします。
以下に記載されている日時はすべて日本標準時 (JST) です。

--------------------------------------------------

## Announcement on the next system maintenance
共同利用計算機群の次回の保守作業

定期的な保守作業のため、共同利用計算機群を以下の日程で停止いたします。
詳しい作業時間はCfCA Webページのトップに記載してありますのでご覧ください。
https://www.cfca.nao.ac.jp/#maintenance

- XC50 令和2年12月7日(月), 令和3年1月5日(火)
- 解析サーバ 令和2年12月7日(月), 令和3年1月5日(火)
- ファイルサーバ 令和2年12月7日(月), 令和3年1月5日(火)
- GRAPE/GPU 令和2年12月7日(月), 令和3年1月5日(火)
- 計算サーバ 令和2年12月と令和3年1月は保守作業を行わず、運用を継続します
- CfCA Webサーバ 令和2年12月9日(水)

但し作業の進捗状況によっては停止時間の延長もあり得ることをご了承ください。
共同利用者の皆様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

--------------------------------------------------

## Application schedule for 2021FY
2021(令和3)年度共同利用募集の予定

2021(令和3)度の共同利用計算機システム利用募集の日程はおよそ以下が予定されています。
- 申請書募集期間:2020(令和2)年12月中旬 - 2021(令和3)年1月下旬
- 採否通知の時期:2021(令和3)年 3月中旬
- 利用開始の時期:2021(令和3)年 4月冒頭

詳しい日程や申請手順については近日中に別途お知らせいたします。
申請時期や利用期間については以下のページもご覧ください。
https://www.cfca.nao.ac.jp/content/appseason

--------------------------------------------------
## Announcement of Users Meeting of CfCA
2020(令和2)年度ユーザーズミーティング開催のお知らせ

本年度の国立天文台天文シミュレーションプロジェクト(CfCA)の
ユーザーズミーティングを下記の日程で開催する運びとなりました。
本年度はCOVID-19対策のためZoomでのオンライン開催となります。
ミーティングの詳細と申し込みフォームは以下からご覧になれます。
https://www.cfca.nao.ac.jp/newsletter/um2020news

多くの方々の参加をお待ちしております。

[日程・開催形式]
令和3(2021)年 1月19日(火)-1月20日(水)
Zoomによるオンライン開催

--------------------------------------------------

## Other information
その他のお知らせ

- Webアカウント登録情報の更新と居住国登録のお願い
- CfCA共同利用計算機を用いた研究成果のプレスリリース
- 論文出版費用補助のご案内
- CfCAへのお問い合わせ方法

=== Update/revision of your web account and resident country
Webアカウント登録情報の更新と居住国登録のお願い

所属や身分等に変更があった場合には直ちにWebアカウントの登録情報を修正してください。
特に申請時に学部生だった方が現在は大学院に進学された場合には、利用資格・利用申請
資格に関わる大きな変更となりますので、身分情報の修正を必ずお願いします。
本プロジェクトでは日本国に非居住な利用者に対する安全保障輸出管理のため、
www.cfca.nao.ac.jp上のウェブアカウントをお持ちの方すべてに
居住国の情報登録を必須とさせて頂いております。
日本国での「居住」の定義については以下の財務省通達のまとめを御覧ください。
https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/rule/export/check/documents/resid…
登録して頂いた居住国の情報に基付き、該非判定が必要と判断された方には
個別に連絡して必要な情報を提供して頂くことになります。
皆様には安全保障輸出管理に関するページ
https://www.cfca.nao.ac.jp/export_trade_control_order
も御覧いただき、御協力をお願いする次第です。
居住国の情報が適切に更新されない場合はウェブアカウントおよび計算機アカウントが
(仮に利用申請が採択されていても)凍結される可能性があることを御了承ください。

=== Press release of your research achivement from the CfCA computers
CfCA共同利用計算機を用いた研究成果のプレスリリース

・CfCA共同利用計算機による成果のプレスリリース
 CfCA共同利用計算機を利用した研究による成果のプレスリリースを
 利用者各自の所属機関から行う場合国立天文台側への事前連絡を必ずお願いいたします。
 余裕をもっての事前連絡に、ご協力をよろしくお願いします。
・国立天文台を通してのプレスリリース
 CfCA共同利用計算機を用いた研究成果のプレスリリースを国立天文台を通して
 行うことができます。メディアを通して研究成果を広く伝えたいとお考えの場合には
 ぜひご相談ください。素材の準備、メディアへの成果のお知らせ、
 SNSを使った広報などについてのお手伝いが可能です。
 プレスリリースの準備に要する時間は約1カ月半ほどです。
 最近では論文受理からオンライン公開までの期間がたいへん短くなっておりますので、
 余裕を持ってのご相談をお願いいたします。
・国立天文台では、以下を通して研究成果をメディアにお知らせしています。
  - 国内:文部科学記者会(文部科学省内の記者クラブ)
      科学記者会(日本学術会議の記者クラブ)
      国立天文台独自の登録報道機関(天文・科学雑誌、フリーライター等を含む)
      岩手県メディア(地方紙、ローカルテレビ局。ただしXC50アテルイに関する研究成果のみ)
  - 国外:EurekAlert!、AlphaGalileo、AAS
 所属機関主導のリリースの場合でも国立天文台からこれらのメディアにお知らせできます。
 ご相談ください。
・ただし、リリースの可否や規模についてはその内容によって判断することとなります。
 ご希望に沿うことができない場合もございますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
・CfCA共同利用計算機を使った成果のプレスリリースに関するお問い合わせは
 CfCA広報担当 E-mail: cfca-pr [at] cfca.nao.ac.jp
 までお願い致します。
・以上の情報は以下のページでも閲覧できます。
 https://www.cfca.nao.ac.jp/requirements_for_users

=== Funding aid for publication of your papers using the CfCA computers
論文出版費用補助のご案内

本プロジェクトでは計算機共同利用者の皆様が
XC50・GRAPE/GPU・計算サーバ・解析サーバなど現有の共同利用計算機群や
XC30・XT4・SX-9・中規模サーバ・汎用PC・VPP5000といったかつての運用機材、
そしてそれらの上で稼働するソフトウェアを利用して得た研究成果の公表を支援するため
皆様が学術雑誌へ論文を出版する際の費用補助を行っています。
本プロジェクトから補助が可能な金額の上限値は論文一本につき 10 万円です。
本制度による補助対象者は、他に財源をまったくお持ちで無く
本制度に頼らなければ論文出版が出来ない方に限らせていただきます。
この制度を用いて論文出版費用補助を希望される方は以下から申請を行ってください。
https://www.cfca.nao.ac.jp/publication-aid
かつてこの制度を利用して出版された論文の一覧は以下からご覧になれます。
https://www.cfca.nao.ac.jp/aid-paperlist
なお当該年度の予算状況によっては本制度による費用補助を停止させて頂くことがあります。

=== How to contact us
CfCAへのお問い合わせ方法

本プロジェクトへお問い合わせは必ずWebページを経由してください。
・XC50のプログラミングやチューニングに関する相談、質問、意見
「プログラム相談」
https://www.cfca.nao.ac.jp/consult
・上記以外の内容に関する相談、質問、意見
「各種問い合わせ」
https://www.cfca.nao.ac.jp/inquiry

=== How to get information when system failures occur
障害時の情報提供について

本プロジェクトが運用する共同利用計算機システムにアクセスできない場合は、
CfCA web( https://www.cfca.nao.ac.jp )をご確認ください。
トップページに障害情報を掲載しております。
(障害が判明するまでお時間をいただく場合がございます。)
CfCA webにアクセスできない場合は、国立天文台のネットワークに障害が発生している可能性が
ございます。

--
国立天文台天文シミュレーションプロジェクト
https://www.cfca.nao.ac.jp/