現在地

ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら

2018年度流体学校 開催のご案内

国立天文台・天文シミュレーションプロジェクト
共同利用計算機システム利用者各位

2018年度流体学校を下記の通り実施することをお知らせいたします。
本年度はmesh-free法、SPH法による流体シミュレーションの講義と実習を行います。
下記の参加資格を満たす方であれば経験を問わずどなたでも参加を歓迎いたしますので、
流体シミュレーションに興味をお持ちの方は奮ってご参加ください。

講習会の詳細につきましては、以下のwebページをご参照ください。
http://www.cfca.nao.ac.jp/hydro2018

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

=============================================================================
[日時]
2019年 2月19日 (火) 13:00 〜 2019年 2月21日 (木) 15:30 (時間は予定)

[場所]
国立天文台三鷹キャンパス すばる棟1F大セミナー室

[内容]
・講義
- 数値流体の基礎
- SPH法について
- mesh-free法について
(講義は日本語で行う)

・実習
- mesh-free法コード GIZMOを用いた演習
- ASURAをベースとしたSPH法トレーニングコードを用いた演習

[講師]
岡本 崇氏(北海道大学)
斎藤 貴之氏(神戸大学)

[募集人員]
約40名

[参加資格]
- ターミナルを用いて基礎的なUNIXコマンドが扱えること
- sshによるリモートログインが行えること
- テキストエディタを用いてソースコードの編集ができること
- PythonやC言語についての基礎知識を有することが望ましい

また、講習会へはご自身のノートパソコンをご持参の上ご参加ください。

[参加申し込み]
以下のwebフォームからお申し込みください。
http://www.cfca.nao.ac.jp/form/hydro2018_form
(申し込みには参加するご本人のwebアカウントが必要となります)

2月20日 (水) の講習会終了後に天文台生協内の食堂にて懇親会を行います。
懇親会への参加をご希望される方は講習会参加申し込み時に併せてお申し込みください。

[申し込み締め切り]
流体学校への参加申請の締切は*** 2019年 1月31日 (木) 17:00 (JST) ***です。
希望者多数の場合は先着順となり、募集を締め切ることもございます。予めご了承ください。

自前の財源がない方には旅費を補助することが可能です。参加申し込み時に必要事項をご記入の上ご申請ください。
また、部屋数に限りがございますが天文台・コスモス会館への宿泊も可能です。
旅費補助やコスモス会館への宿泊をご希望の方はお早めに参加申し込みをお願いいたします。
なお、予算の都合上ご希望にそえない場合もございますので、予めご了承ください。

[開催者]
主催:国立天文台・天文シミュレーションプロジェクト
共催:ポスト「京」重点課題9 「宇宙の基本法則と進化の解明」
   自然科学研究機構 「自然科学研究における機関間連携ネットワークによる拠点形成」事業(シミュレーションによる「自然科学における階層と全体」)
=============================================================================

本件に関するご質問やご意見は以下のページからお寄せ下さい。
http://www.cfca.nao.ac.jp/inquiry/