現在地

ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら

三鷹地区平成27年3月定期保守作業終了のお知らせ

国立天文台天文シミュレーションプロジェクト
共同利用計算機を御利用の皆様

いつも国立天文台天文シミュレーションプロジェクトの計算機システムを御利用いただき、誠にありがとうございます。
先程、XC30、計算サーバ、解析サーバ、ファイルサーバ、GRAPEシステムの保守作業が終了し運用が再開されました。

* VPNパスワードが更新されましたので、Webシステムのアカウント情報から確認して下さい。
* 保守作業に伴い、計算サーバ、解析サーバ、GRAPEシステムで平成25年度末に実行中のジョブはすべて強制終了されました。
* 今回の保守作業により計算サーバ、解析サーバ、GRAPEシステムのホーム領域が共通化されました。
また、ホーム領域の容量の上限がソフトリミット1TB、ハードリミット1.5TBに変更されました。
作業領域(/cfca-work)については今回の保守作業後から読み込みのみ可能となります。
作業領域は平成27年度6月の定期保守時に運用から外し、データを削除させていただきます。

* 解析サーバ
** OSのアップデートを行いました
** 計算サーバの作業領域(/mwork1, /mwork2)への書き込み・読み込みが可能となりました
** 新たにan06からan08の3台の解析サーバをご利用いただけるようになりました
** 1ノード当たりのメモリを256GBに増設致しました、ただしan03及びan05は機材不調のため224GBのメモリ容量となります

* GRAPEシステム
** OSのアップデートを行いました

* 計算サーバ
** OSのアップデートを行いました(w999のみ)
** ホーム領域が解析サーバと共通化されました

解析サーバ・計算サーバの作業領域・ホーム領域の共通化に伴い、必要に応じて下記のデータ移動の作業をお願いします。
なお、データ移動期限は平成27年6月の定期保守作業までとなります。

[該当者と作業内容]
 1.全利用者共通
  解析サーバの作業領域(/cfca-work)の移動
  解析サーバから/cfca-workとしてmountされています、書き込みは出来ませんのでご注意願います
 2.計算サーバ利用者のみ
  計算サーバのホーム領域(/home)の移動
  解析サーバ・計算サーバから/m000-homeとしてmountされています、書き込みは出来ませんのでご注意願います

利用者の皆様には長期間にわたり御不便をお掛けしたことをお詫び致します。
ご協力いただきありがとうございました。

本件に関するご質問やご意見は以下のページからお寄せください。
http://www.cfca.nao.ac.jp/inquiry/

国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト