現在地

ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら

年報 第9号 巻頭言

巻頭言



 天文シミュレーションプロジェクト(Center for Computational Astrophysics, CfCA)は、2006年4月に国立天文台天文学データ解析計算センターが「天文データセンター」と「天文シミュレーションプロジェクト」に分割・改組され発足したものです。天文学データ解析計算センターの中で「大規模シミュレーション運用グループ」とよばれていた、理論シミュレーション用スーパーコンピュータと重力多体問題専用計算機 GRAPE の共同利用を行ってきたグループが母体となっています。



  2013年度から新共同利用算機システムの運用が開始されました。このシステムの主力計算機は大規模並列計算機アテルイ(Cray XC30)で、昨年10月には1Pflops に増強されました。また、GRAPE システムは GRAP-DR システムを中心に構成され、シリーズの最新機である GRAPE-9 システムの試験導入も行っています。さらに大型ファイルサーバの増設も行いました。



 2014年度も、この年報にある通り、多くのユーザが CfCA の共同利用計算機システムを利用し、素晴らしい研究成果をあげたことは嬉しい限りです。2014年度は、アテルイの増強の年でありましたが、高稼働率と安定運用を実現することができました。今後も、多くのユーザが有効に研究に利用でき、素晴らしい研究成果をあげられるシステムを提供すべく努力を続けていきたいと考えています。現システムでのますますの素晴らしい研究成果を期待しています。


2015年7月13日

天文シミュレーションプロジェクト プロジェクト長 小久保英一郎

戻る