現在地

平成30年度流体学校

国立天文台・天文シミュレーションプロジェクトは、2019年 2月 19日 (火) 〜 21日 (木)に流体学校を開催いたします。
皆様奮ってご参加ください。

[開催者]
主催:国立天文台・天文シミュレーションプロジェクト
共催:ポスト「京」重点課題9 「宇宙の基本法則と進化の解明」
   自然科学研究機構 「自然科学研究における機関間連携ネットワークによる拠点形成」事業(シミュレーションによる「自然科学における階層と全体」)

[日時]
2019年 2月19日 (火) 13:00 〜 2019年 2月21日 (木) 15:30 (時間は予定)

[場所] 
国立天文台三鷹キャンパス すばる棟1F大セミナー室(キャンパスマップW1)
三鷹キャンパスへのアクセス方法

[内容]
・講義
- 数値流体の基礎
- SPH法について
- mesh-free法について
(講義は日本語で行う)

・実習
- mesh-free法コード GIZMOを用いた演習
- ASURAをベースとしたSPH法トレーニングコードを用いた演習

[講師]
岡本 崇氏(北海道大学)
斎藤 貴之氏(神戸大学)

[募集人員]
約40名

[参加資格]
- ターミナルを用いて基礎的なUNIXコマンドが扱えること
- sshによるリモートログインが行えること
- テキストエディタを用いてソースコードの編集ができること
- PythonやC言語についての基礎知識を有することが望ましい

上記の参加資格を満たす方であれば、学部生の参加も可能です。
また、講習会へはご自身のノートパソコンをご持参の上ご参加ください。

[時間割]

(進行状況に応じて変更する可能性があります)

[講義資料]
数値流体力学の基礎
mesh-free法
GIZMO 演習資料
SPH法
テキストは随時変更されますので、最新版の参照をお願いいたします。
     

[参考資料]
事前準備資料(ネットワーク接続の手引き) ※有線LANを用いてネットワーク接続される方は必要ありません
流体力学の基礎方程式(2017年度版)
磁気流体力学(2017年度版)

[申し込み]

2018年度流体学校への申し込みは2019年1月31日 (木) 17:00に締め切りました。多数のお申し込みをいただき誠にありがとうございます。

[旅費・宿泊費補助の申し込み]

旅費補助の申請は2019年1月31日 (木) 17:00に締め切りました。

[連絡事項]
- 講習会参加者はノートパソコンをご持参ください。もしノートパソコンのご準備が困難な方は申し込みフォーム内の通信欄にてご相談ください。 
- 可能な限り有線LANによるインターネット接続をお願いいたします。無線LANをご利用の場合は、スーパーコンピュータへのアクセスにVPNクライアントのインストールや設定等の準備が必要となります。
- 講習会までに以下のアプリケーションが動作する環境をご自身のノートパソコンで整えてください。全てのアプリケーションが動作するのであればOSの種類は問いません。
  必要なアプリケーション:テキストエディタ(emacs、vi、geditなど)、ターミナル、gcc、Python
- 2月20日の講習会終了後にコスモス会館食堂において懇親会を開催いたします。