English page


査読付き論文

  1. "First sub-arcsecond Submillimeter-wave [C I] Image of 49 Ceti with ALMA"
    Aya E. Higuchi, Kazuya Saigo, Hiroshi Kobayashi, Kazunari Iwasaki, Munetake Momose, Nami Sakai, Kang Lou Soon, Masanobu Kunitomo, Daisuke Ishihara, and Satoshi Yamamoto
    accepted for ApJ
  2. "Giant protostellar flares: accretion-driven accumulation and reconnection-driven ejection of magnetic flux in protostars"
    Shinsuke Takasao, Kengo Tomida, Kazunari Iwasaki, Takeru K. Suzuki
    The Astrophysical Journal Letters, Volume 878, Number 1 (06/2019)
  3. "JCMT BISTRO survey: Magnetic Fields within the Hub-Filament Structure in IC 5146"
    Jia-Wei, Wang et al. (including Kazunari Iwasaki)
    The Astrophysical Journal, Volume 876, Issue 1, article id. 42, 19 pp. (05/2019)
  4. "The Early Stage of Molecular Cloud Formation by Compression of Two-phase Atomic Gases"
    Kazunari Iwasaki, Kengo Tomida, Tsuyoshi Inoue, and Shu-ichiro Inutsuka
    The Astrophysical Journal, Volume 873, Issue 1, article id. 6, 21 pp. (03/2019). (arxiv: 1806.03824)
  5. "Does Misalignment between Magnetic Field and Angular Momentum Enhance or Suppress Circumstellar Disk Formation?"
    Yusuke Tsukamoto, Satoshi Okuzumi, Kazunari Iwasaki, Masahiro N. Machida, and Shu-ichiro Inutsuka
    The Astrophysical Journal, Volume 868, Issue 1, article id. 22, 19 pp. (11/2018) (arXiV:1811.06675)
  6. "Magnetic Fields toward Ophiuchus-B Derived from SCUBA-2 Polarization Measurements"
    Archana Soam et al. (including Kazunari Iwasaki)
    The Astrophysical Journal, Volume 861, Issue 1, article id. 65, 13 pp., (07/2018) (arXiV:1805.06131)
  7. "A First Look at BISTRO Observations of The $\rho$ Oph-A core"
    Jungmi Kwon et al. (including Kazunari Iwasaki)
    The Astrophysical Journal, Volume 859, Issue 1, article id. 4, 22 pp., (05/2018) (arXiV:1804.09313)
  8. "The Formation of Massive Molecular Filaments and Massive Stars behind a MHD Shock Wave"
    Tsuyoshi Inoue, Patrick Hennebelle, Yasuo Fukui, Tomoaki Matsumoto, Kazunari Iwasaki, and Shu-ichiro Inutsuka
    Publications of the Astronomical Society of Japan, Volume 70, Issue suppl_2, id. S53, (05/2018) (arXiv:1707.02035)
  9. A Three-Dimensional Simulation of a Magnetized Accretion Disk: Fast Funnel Accretion onto a Weakly Magnetized Star"
    Shinsuke Takasao, Kengo Tomida, Kazunari Iwasaki, Takeru K. Suzuki
    The Astrophysical Journal, Volume 857, Issue 1 (04/2018) (arXiV:1801.07245)
  10. "The impact of the Hall effect during cloud core collapse: implications for circumstellar disk evolution"
    Yusuke Tsukamoto, Satoshi Okuzumi, Kazunari Iwasaki, Masahiro N. Machida, and Shu-ichiro Inutsuka
    Publications of the Astronomical Society of Japan, Volume 69, Issue 6, id.95 (arXiv:1706.04363)
  11. "First results from BISTRO -- a SCUBA-2 polarimeter survey of the Gould Belt"
    D. Ward-Thompson et al. (including Kazunari Iwasaki),
    The Astrophysical Journal, Volume 842, Issue 1, article id. 66, 10pp (06/2017)
  12. "Detection of submillimeter-wave [C I] emission in gaseous debris disks of 49 Ceti and β Pictoris"
    Aya E. Higuchi, Aki Sato, Takashi Tsukagoshi, Nami Sakai, Kazunari Iwasaki, Munetake Momose, Hiroshi Kobayashi, Daisuke Ishihara, Sakae Watanabe, Hidehiro Kaneda, and Satoshi Yamamoto
    The Astrophysical Journal Letters, Volume 839, Issue 1, article id. L14, 6pp. (04/2017)
  13. "Minimizing dispersive errors in smoothed particle magnetohydrodynamics for strongly magnetized medium"
    Kazunari Iwasaki
    Journal of Computational Physics, Volume 302, pp. 359-373, (12/2015)
  14. "Bimodality of Circumstellar Disk Evolution Induced by the Hall Current"
    Yusuke Tsukamoto, Kazunari Iwasaki, Satoshi Okuzumi, Masahiro N. Machida, Shu-ichiro Inutsuka
    The Astrophysical Journal Letters, Volume 810, Issue 2, article id. L26, 5 pp., (09/2015)
  15. "Effects of Ohmic and ambipolar diffusion on the formation and evolution of the first core, protostar and circumstellar disc"
    Yusuke Tsukamoto, Kazunari Iwasaki, Satoshi Okuzumi, Masahiro N. Machida, Shu-ichiro Inutsuka
    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 452, Issue 1. pp.278-288, (09/2015)
  16. The Formation and Destruction of Molecular Clouds and Galactic Star Formation:
    An Origin for The Cloud Mass Function and Star Formation Efficiency"

    Shu-ichiro Inutsuka, Tsuyoshi Inoue, Kazunari Iwasaki, Takashi Hosokawa
    Astronomy & Astrophysics, Volume 452, id. A49 (08/2015)
  17. "Self-Sustained Turbulence without Dynamical Forcing:
    A Two-Dimensional Study of a Bistable Interstellar Medium"

    Kazunari Iwasaki and Shu-ichiro Inutsuka
    The Astrophysical Journal, Volume 784, Issue 2, article id. 115 (04/2014). (arXiv:1309.7139)
  18. "An explicit scheme for ohmic dissipation with smoothed particle magnetohydrodynamics"
    Yusuke Tsukamoto, Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka
    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 434, Issue 3, pp.2593-2599 (09/2013) (arXiv:1305.4436)
  19. "Structure of dynamical condensation fronts in the interstellar medium"
    Kazunari Iwasaki and Shu-ichiro Inutsuka
    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 428, Issue 4, pp. 3638-3645 (07/2012) (arXiv:1204.5532)
  20. "Smoothed particle magnetohydrodynamics with a Riemann solver and the method of characteristics"
    Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka
    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 418, Issue 3, pp. 1668-1688 (12/2011)
  21. "Alfven Wave Amplification and Self-Containment of Cosmic-Rays Escaping from a Supernova Remnant"
    Yutaka Fujita, Fumio Takahara, Yutaka Ohira, and Kazunari Iwasaki
    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 415, Issue 4, pp. 3434-3438 (08/2011)
  22. "Gravitational Fragmentation of Expanding Shells. II. Three-dimensional Simulations"
    Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka, Toru Tsuribe
    The Astrophysical Journal, Volume 733, Issue 1, article id. 17 (05/2011)
  23. "Gravitational Fragmentation of Expanding Shells. I. Linear Analysis"
    Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka, and Toru Tsuribe
    The Astrophysical Journal, Volume 733, Issue 1, article id. 16 (05/2011)
  24. "Fragmentation of a dynamically condensing radiative layer"
    Kazunari Iwasaki and Toru Tsuribe
    Astronomy & Astrophysics, Volume 508, Issue 2, pp.725-735 (12/2009)
  25. "Self-Similar solutions for the dynamical condensation of a radiative gas layer"
    Kazunari Iwasaki and Toru Tsuribe
    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 387, Issue 4, pp.1554 (07/2008)
  26. "Gravitational Instability of Shocked Interstellar Gas Layers"
    Kazunari Iwasaki and Toru Tsuribe
    Publications of the Astronomical Society of Japan, Volume 60, No.1, pp.125-136 (02/2008)

投稿中

Proceedings

  1. "Phase Transition Dynamics of The Interstellar Medium: Theory, Methodology, and Implications"
    Shu-ichiro Inutsuka, Tsuyoshi Inoue, Kazunari Iwasaki, Jennifer M. Stone, Takeru K. Suzuki, Yusuke Tsukamoto, and Makoto Takamoto
    Astronomical Society of the Pacific Conference Series, Volume 498, p. 75 (10/2015)
  2. "Multi-Phase Dynamics of Magnetized Interstellar Medium"
    Shu-ichiro Inutsuka, Tsuyoshi Inoue, and Kazunari Iwasaki
    Astronomical Society of the Pacific Conference Series, Volume 476, p.369 (10/2013)
  3. "Hyperbolic divergence cleaning method for Godunov smoothed particle magnetohydrodynamics"
    Kazunari Iwasaki and Shu-ichiro Inutsuka
    Astronomical Society of the Pacific Conference Series, Volume 474, p.239 (04/2013)

査読無し論文

解説記事

  • 「多相星間媒質の磁気流体力学」
    流体力学会 学会誌「ながれ」2017年6月発行

学位論文

  • 修士論文「衝撃波圧縮による誘発的星形成」(PDF file)
  • 博士論文「Self-similar Solutions and the Stability of Dynamically Condensing Gas Layers:
          Towards Understanding of the Formation of Interstellar Clouds」(PDF file)

競争的資金

  • 研究代表:岩崎一成
    研究課題:"動的恒星系渦状腕が駆動する星間媒質の相転移過程における磁場の役割"
    研究機関:2019年度〜2022年度
    研究種目:基盤研究 (C)
    研究機関:国立天文台
  • 研究代表:古屋玲 (岩﨑は分担)
    研究課題:"サブミリ波偏波観測の革新が導く, 磁場を含む星形成ガス像"
    研究機関:2019年度〜2023年度
    研究種目:基盤研究 (B)
    研究機関:徳島大学
  • 研究代表:岩崎一成
    研究課題:"多様な銀河環境における分子雲及び星団形成過程の多相星間媒質論に基づく理論的解明"
    研究機関:2013年度〜2016年度 (2016年度は辞退)
    研究種目:特別研究員奨励費
    研究機関:名古屋大学
  • 研究代表:岩崎一成
    研究課題:"衝撃波圧縮領域の安定性解析による誘発的星形成の解明"
    研究機関:2009年度〜2010年度
    研究種目:特別研究員奨励費
    研究機関:大阪大学->名古屋大学

学会、研究会での発表

発表予定

2019年

  • 岩﨑一成, 富田賢吾,井上剛志,犬塚修一郎
    "分子雲形成シミュレーション:自己重力の効果"
    日本天文学会2019年秋季年会講演予稿集(P150a)
  • 岩﨑一成, 富田賢吾,高棹真介,奥住聡,鈴木建
    "原始惑星系円盤大域シミュレーション:デッドゾーン境界"
    公開シンポジウム「京」から「富岳」へ,東京大学駒場キャンパス
  • (招待講演)岩﨑一成
    "衝撃波により駆動される 星間媒質の相転移ダイナミクス"
    2019年度 第49回 天文・天体物理若手夏の学校,ロジワール豊橋,愛知
  • Kazunari Iwasaki, Tomida Kengo, Tsuyoshi Inoue, Shu-ichiro Inutsuka
    "Roles of Magnetic fields in Formation and Evolution of Molecular Clouds and Cloud Cores" (invited)
    Polarimetry in the ALMA era: a new crossroads of astrophysics
    NAOJ, Tokyo, 2019年3月26日-29日
  • Kazunari Iwasaki, Tomida Kengo, Shinsuke Takasao, Satoshi Okuzumi, Takeru K. Suzuki
    "Global Non-ideal MHD Simulations of Protoplanetary Disks: Inner Boundaries of Dead Zones"
    Athena++ Users Meeting
    Las Vegas, Nevada, USA, 2019年3月20日-22日

2018年

  • 岩崎 一成
    "デブリ円盤における一酸化炭素形成"
    ALMAワークショップ:円盤から太陽系へ
    東京, 2018年11月21日22日
  • Kazunari Iwasaki
    "The phase transition dynamics and the formation of magnetized molecular clouds in the interstellar medium" (invited)
    2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics
    Kanazawa, Japan, November 12-17, 2018
  • Kazunari Iwasaki, Tsuyoshi Inoue, Shu-ichiro Inutsuka
    "The Formation of Filamentary Molecular Clouds by Shock Compression" (invited)
    Interstellar Filament Paradigm
    Nagoya, Japan, November 5-9, 2018
  • 岩崎一成, 富田賢吾,井上剛志,犬塚修一郎
    "The formation of molecular clouds by compression of atomic gases"
    理論コロキウム
    国立天文台,2018年10月16日
  • 岩崎一成, 富田賢吾,井上剛志
    "分子雲形成シミュレーションで探る高密度クランプの統計的性質"
    日本天文学会2018年秋季年会講演予稿集(P120a)
    兵庫県立大学 姫路工学キャンパス,2018年9月19日-21日
  • 岩崎一成, 井上剛志,犬塚修一郎
    "衝撃波圧縮による大質量フィラメント状分子雲形成"
    新学術領域研究 「新しい星形成理論によるパラダイムシフト: 銀河系におけるハビタブル惑星開拓史の解明」 キックオフミーティング
    名古屋大学 東山キャンパス,2018年9月13日-14日
  • Kazunari Iwasaki, Kengo Tomida, Tsuyoshi Inoue, Shu-ichiro Inutsuka
    "The formation of molecular clouds by compression of two-phase atomic gases"
    "The Wonders of Star Formation"
    Edinburgh, Scotland, September 2-9, 2018
  • 岩崎一成, 富田賢吾,井上剛志,犬塚修一郎
    "分子雲形成時に駆動される磁気乱流の性質"
    日本天文学会2018年春季年会講演予稿集(P133a)
    千葉大学西千葉キャンパス,2018年3月14日-17日

2017年

  • 岩崎一成,井上剛志, 犬塚修一郎
    "大質量フィラメント状分子雲の形成過程とその構造"
    国立天文台研究集会「星形成と銀河構造における磁場の役割」
    鹿児島大学,鹿児島,2017年12月20日-22日
  • 岩崎一成, 富田賢吾,井上剛志,犬塚修一郎
    "二相中性水素原子ガスの圧縮による分子雲形成過程"
    平成29年度ユーザーズミーティングプログラム
    国立天文台,東京,2017年11月28日-29日
  • 岩崎一成, 富田賢吾,井上剛志,犬塚修一郎
    "二相HIガスの圧縮による分子雲形成過程"
    ALMA Workshop 2017 "Star formation with ALMA: Evolution from dense cores to protostars"
    国立天文台,東京,2017年10月26日
  • Kazunari Iwasaki, Hiroshi Kobayashi
    "Chemistry in Debris Disks"
    Workshop on gaseous debris disks
    理化学研究所,埼玉 2017年10月10-11日
  • 岩崎一成, 小林浩
    "デブリ円盤の化学構造"
    日本惑星科学学会秋季年会
    大阪大学豊中キャンパス, 2017年9月27-29日
  • 岩崎一成, 富田賢吾,井上剛志,犬塚修一郎
    "衝撃波圧縮による分子雲形成条件"
    日本天文学会2017年秋季年会講演予稿集(P156a)
    北海道大学, 2017年9月11-13日 (口頭)
  • 岩崎一成
    "フィラメント状分子雲の力学的構造"
    原始星と原始惑星系円盤の形成進化過程についてのワークショップ ,
    九州大学伊都キャンパス, 2017年8月17-18日
  • 岩崎一成, 小林浩
    "Chemical Structure of Debris Disks"
    東大山本研セミナー, 東京大学本郷, 2017年8月3日

2016年

  • 岩崎一成,井上剛志, 犬塚修一郎
    "Strucure of Filaments Formed by Shock Compression"
    DTAシンポジウム「星形成を軸に俯瞰する磁場の役割とその観測可能性」
    国立天文台, 2016年11月24-25日 (口頭)
  • Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka
    "Formation of massive filamentary moleclular cloud by shock compression"
    Star Formation 2016
    University of Exeter, UK, 21-26 Aug. 2016 (poster)
  • 岩崎一成,犬塚修一郎
    "衝撃波圧縮により形成されるフィラメント分子雲の構造"
    日本天文学会2016年秋季年会講演予稿集(P131a)
    愛媛大学 9月14-17日(口頭)
  • 岩崎一成
    "Kelvin-Helmholtz不安定性による星間雲内部乱流の駆動"
    日本天文学会2016年秋季年会講演予稿集(Q15b)
    愛媛大学 9月14-17日(ポスター)
  • 岩崎一成
    "デブリ円盤の温度構造"
    ALMAワークショップ:デブリ円盤から太陽系へ
    千葉工業大学スカイツリータウンキャンパス 8月8-9日(招待講演)
  • 岩崎一成,犬塚修一郎
    "衝撃波圧縮によるフィラメント状分子雲形成"
    セミナー型ALMAワークショップ「磁場は星形成過程のどの進化段階を律速しているのか?」
    国立天文台 3月30-31日(口頭)
  • 岩崎一成 犬塚修一郎
    "Godunov Smoothed Particle Magnetohydrodynamics"
    日本天文学会2016年春季年会講演予稿集(Z238b)首都大学東京 9月14-17日(ポスター)

2015年

  • Kazunari Iwasaki and Hiroshi Kobayashi
    "Developement of an SPH scheme to simulate planet-disk interactions in protoplanetary disks"
    International Conference "Protoplanetary Disk Dynamics and Planet Formation", JUMSTEC, Yokoyama, 29 Sep. - 2 Oct. (poster)
  • 岩崎一成
    "星間媒質と星形成における磁場の役割"
    日本SKAサイエンス会議「宇宙磁場」,鹿児島大学 9月17日-19日(招待講演)
  • 岩崎一成、小林浩
    "巨大惑星のTypeII惑星移動現象解明のための数値計算コード開発"
    日本天文学会2015年秋季年会講演予稿集(P219b) 甲南大学 9月9日-11日(ポスター)
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "衝撃波圧縮が駆動するフィラメント状分子雲形成"
    日本天文学会2015年春季年会講演予稿集(P107a)
    大阪大学 3月18日-21日(口頭)

2014年

2013年

2012年

  • 岩崎一成, 犬塚修一郎
    "星間二相流体における乱流の自己維持機構"
    大阪大学宇宙進化グループ、コロキウム 12月19日
  • Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka
    "Protostellar outflows from first cores by smoothed particle magnetohydrodynamics with a Riemann solver"
    APCTP Workshop on Astrophysics: Magnetic Fields in Astrophysics@Pohang, Korea, 19-22, 2012 (oral talk)
  • 岩崎一成, 犬塚修一郎
    "Godunov Smoothed Particle Magnetohydrodynamics法へのHyperbolic Divergence Cleaning法とParticle Rezoning法の実装"
    日本天文学会2012年秋季年会講演予稿集(P146a),大分大学 9月19日-21日(口頭)
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "星間二相流体における乱流駆動メカニズム"
    関西星惑星系星ゼミ
  • Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka
    "Smoothed particle magnetohydrodynamics with a Riemann solver and the method of characteristics"
    the 7th Annual International Conference on Numerical Modeling of Space Plasma Flows (ASTRONUM 2012)@Big Island, Hawaii 25-29 June (oral talk)
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "星間ガスから星間雲への速い相転移を記述する定常解について"
    日本天文学会2012年春季年会講演予稿集(Q13b),龍谷大学 3月19日ー22日(ポスター)
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "星間二相流体における乱流駆動メカニズム"
    国立天文台 研究集会「天文学を中心とした理工学での乱流研究」,東京大学2月23日ー24日(ポスター)
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "電離・解離領域の膨張について"
    研究会「南天の大質量星形成」,名古屋大学、1月12日(口頭)

2011年

  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "Riemann SolverとAlfven波の特性曲線法を用いたSmoothed Particle Magnetohydrodynamicsの開発"
    第24回 理論懇シンポジウム「理論天文学・理論物理学の革新」,国立天文台、11月5日ー7日(ポスター)
  • Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka, Toru Tsuribe
    "Gravitational Fragmentation of Expanding Shells"
    Ishigaki International Workshop, Ishigaki, Okinawa, Japan, 3-7 Oct, 2011
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "Riemann SolverとAlfven波の特性曲線法を用いたSmoothed Particle Magnetohydrodynamicsの開発:多次元問題の性能評価"
    日本天文学会2011年秋季年会講演予稿集(P56a) ,鹿児島大学,9月19日ー22日(口頭)
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "Riemann SolverとAlfven波の特性曲線法を用いた"Smoothed Particle Magnetohydrodynamics"の開発"
    関西星惑星形成ゼミ 2011年5月14日
  • 岩崎一成、犬塚修一郎
    "Riemann SolverとAlfven波の特性曲線法を用いた"Smoothed Particle Magnetohydrodynamics"の開発"(口頭)
    日本天文学会2011年春季年会講演予稿集(P20a),筑波大学 2011年3月16-19日
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "誘発的星形成シナリオにおける膨張シェルの分裂過程"(ポスター)
    恒星進化・星形成から探る銀河の形成・進化の研究- 宇宙最初の星から太陽系形成まで,北海道大学 2011年3月2-4日
  • Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka, Toru Tsuribe
    "Gravitational Fragmentation of Expanding Shells" (oral talk)
    Winter School and Workshop on Star Formation @ NAOJ Feb. 21-25, 2011
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "誘発的星形成シナリオにおける膨張シェルの分裂過程"(ポスター)
    CfCAユーザーズミーティング,国立天文台 2011年1月11-12日
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "誘発的星形成シナリオにおける膨張シェルの分裂過程"
    関西星惑星形成セミナー 2011年1月8日

2010年

  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "誘発的星形成シナリオにおける膨張シェルの分裂過程"(口頭)
    理論懇シンポジウム「林忠四郎先生と天文学・宇宙物理学」 ,京大基研 2010年12月20-22日
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "誘発的星形成シナリオにおける膨張シェルの分裂過程"
    APセミナー,国立天文台 2010年11月30日
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "膨張シェルの分裂過程"(口頭)
    第6回星形成ワークショップ "Galactic Star Formation: From Clouds to Cores" 2010年11月24-25日, 国立天文台
  • Kazunari Iwasaki, Shu-ichiro Inutsuka, and Toru Tsuribe
    "The fragmentation of expanding shells"(poster)
    "The Origin of Stellar Masses" 18-22 October, 2010 Tenerife, Canary Island, Spain
  • 岩崎一成、犬塚修一郎、釣部通
    "Collect and Collapseモデルにおける高密度シェルの分裂過程"(口頭)
    日本天文学会2010年春季年会講演予稿集(P13a),広島大学
  • Kazunari Iwasaki and Toru Tsuribe
    "Formation of interstellar cloud by thermal instability"(Oral Talk)
    "Multi-Phase Interstellar Medium and Dynamics of Star Formation" February 28 - March 2, 2010 @Nagoya University

2009年

  • 岩崎一成、釣部通
    "暴走冷却するガス層の分裂過程"(口頭)
    2009年 理論懇シンポジウム「2010年代の理論天文学」 12月20日〜22日,名古屋大学
  • 岩崎一成、釣部通
    "熱的不安定性による星間雲形成過程"(口頭)
    2009年 理論コロキウム 12月16日,国立天文台
  • 岩崎一成、釣部通
    "Collect and Collapseモデルにおける高密度シェルの分裂過程 "(ポスター)
    2009年 宇宙磁気流体力学のフロンティア 11月16日〜18日 ,国立天文台
  • 岩崎一成、釣部通
    "Collect and Collapseモデルにおける高密度シェルの分裂過程 "(口頭)
    2009年 第五回星形成ワークショップ 10月28日〜29日 ,国立天文台
  • 岩崎一成、釣部通
    "Hot Gasによって膨張する高密度シェルの 分裂過程"(ポスター)
    日本天文学会2009年秋季年会講演予稿集(P27b),山口大学

2008年

  • 岩崎一成、釣部通
    "動的に冷却する流体の安定性"(ポスター)
    日本天文学会2008年秋季年会講演予稿集(Q25b),岡山理科大学
  • 岩崎一成、釣部通
    "熱的不安定性により動的に冷却する流体の自己相似的進化"(口頭)
    日本天文学会2008年春季年会講演予稿集(Q27a),国立オリンピック記念青少年総合センター
  • 岩崎一成、釣部通
    "Self-similar solutions for dynamical condensation of radiative gas layers"(poster)
    International winter school on the interstelalr medium 2008  ,ホテル近鉄アクアヴィラ 伊勢志摩

2007年

  • 岩崎一成、釣部通
    "冷却により凝縮する流体の自己相似的進化"(ポスター)
    2007年 理論懇シンポジウム「宇宙物理学の未解決問題」,京都大学
  • 岩崎一成、釣部通
    "冷却により凝縮する流体の自己相似的進化"(口頭)
    2007年10月20日 関西星惑星形成セミナー ,大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
  • 岩崎一成、釣部通
    "冷却により動的に進化する衝撃波後面の安定性解析"(ポスター)
    日本天文学会2007年秋季年会講演予稿集(Q29b),岐阜大学
  • 岩崎一成、釣部通
    "衝撃波圧縮領域の安定性解析"(口頭)
    2007年4月7日 関西星惑星形成セミナー ,大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
  • 岩崎一成、釣部通
    "衝撃波圧縮領域の安定性解析"(口頭)
    日本天文学会2007年春季年会講演予稿集(P28a),東海大学, P28a

2006年

  • 岩崎一成、釣部通
    "衝撃波によって束縛された等温平板の重力不安定性について"(ポスター)
    日本天文学会2006年秋季年会講演予稿集(P18b),九州国際大学