ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら
ログインできない場合はブラウザ上のCfCA Webのキャッシュとcookieをクリアして下さい。

SSL-VPNでの複数接続先の登録方法

このページでは、SSL-VPN (AnyConnect) を用いて接続する際に複数の接続先を登録する方法を説明します。各OSでの接続方法は下記をご覧下さい。

  1. 以前にAnyConnectで接続したことがある方は下記の場所にファイル anyconnect-profile-cfca.xml があることを確認して下さい。
    • Mac OS X: /opt/cisco/anyconnect/profile
    • Windows 7: C:\ProgramData\Cisco\Cisco AnyConnect Secure Mobility Client\Profile (注意: デフォルトでは隠しディレクトリとなっています)
    • Windows XP: C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Cisco\Cisco AnyConnect VPN Client\Profile
    • Linux: /opt/cisco/anyconnect/profile

    もし見つからない場合には、もう一度 vpn.cfca.nao.ac.jp にAnyConnectで接続すると現れる場合があります。それでも見つからない場合にはお問い合わせ下さい。


    別の接続先の登録方法の一例として、ホストdummy.example.com に接続する場合を紹介します。

  2. 先ほど確認した anyconnect-profile-cfca.xml を同じディレクトリ内に別名でコピーし、保存して下さい。

    Example:
    $ cp anyconnect-profile-cfca.xml anyconnect-profile-dummy.xml
    OSによってはroot 権限が必要な場合もあります


  3. 別名保存したファイルの記述にある vpn.cfca.nao.ac.jp

    <HostEntry>
    <HostName>vpn.cfca.nao.ac.jp</HostName>
    <BackupServerList>
    <HostAddress>vpn.cfca.nao.ac.jp</HostAddress>
    </BackupServerList>
    </HostEntry>

    目的の接続先(今の例では dummy.example.com )に変更して下さい。

    <HostEntry>
    <HostName>dummy.example.com</HostName>
    <BackupServerList>
    <HostAddress>dummy.example.com</HostAddress>
    </BackupServerList>
    </HostEntry>


  4. AnyConnectを再起動時し、ドロップダウンメニューから接続先を選択することができるようになったことを確認して下さい。

  5. 上記 2 と 3 の手順を繰り返すことで二箇所以上の複数接続先の登録が行えます。



(各種問い合わせのページへ)
(本プロジェクトのホームページへ)