[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[重要] テープライブラリデータ削除・バックアップのお願い



国立天文台天文シミュレーションプロジェクト
MUV-GPU各位

■■■■ peta.cc.nao.ac.jp データ削除・バックアップのお願い ■■■■

***********************************************************************
*                            重 要!                                 *
*                                                                     *
* 1)現在のスーパーコンピュータシステム運用終了時 (平成20年1月末) 、  *
*  テープライブラリ (peta.cc.nao.ac.jp) のデータは全て消去されます。*
* 2)テープライブラリのデータは一切バックアップされません。           *
* 3)テープライブラリからのデータ読み出しは、非常に時間がかかります。 *
*                                                                     *
***********************************************************************

昨年末のユーザーズミーティング等でもお知らせしたように、天文シミュ
レーションプロジェクト・天文データセンターが運用する現在のスーパー
コンピュータシステムの運用は平成20年1月末にて終了する予定になって
います。その後の平成20年4月からは新しいシステムが立ち上がる予定ですが、
それに先立ち、利用者の皆様には現有のテープライブラリ peta.cc.nao.ac.jp
上にある個人データの移行、とりわけ不要なデータの削除を今すぐにでも
開始して頂きたいと考えております。

テープドライブはその構造上、読み込みに極めて時間が掛かります。また、
同時にアクセスできるテープの本数もわずか三本と限られています。そのため、
現在の peta.cc.nao.ac.jp のテープライブラリに置かれている 50 Tbyte
以上のデータを機器外に移行しようとすると、最も効率良く作業が行われた
場合でも全データを読み出し切るのに三ヶ月近い時間が掛かると予想されます。
その上、運用終了間際に多くの利用者が殺到してテープドライブ利用の競合が
発生すれば、更にずっと長い時間が掛かり得ます。

天文シミュレーションプロジェクトでは現在、peta.cc.nao.ac.jp 上のデータ
を新しい計算機システムへ移行するための専用大型ハードディスク装置の立ち上
げ準備を行っています。しかしここに peta.cc.nao.ac.jp 上のデータがすべて
移動できるわけではありません。従って、利用者の皆様に於きましては現在
peta.cc.nao.ac.jp 上に保存されている各人のデータのうち、不要な部分に
ついて迅速に削除を行って頂き、必要なデータの移行が速やかに完了するよう
強く要望を行う次第です。

***********************************************************************
*                            重 要!                                 *
*                                                                     *
* 1)現在のスーパーコンピュータシステム運用終了時 (平成20年1月末) 、  *
*  テープライブラリ (peta.cc.nao.ac.jp) のデータは全て消去されます。*
* 2)テープライブラリのデータは一切バックアップされません。           *
* 3)テープライブラリからのデータ読み出しは、非常に時間がかかります。 *
*                                                                     *
***********************************************************************

以上について、利用者の皆様には誠にお手数をお掛けしますが、よろしく
御理解と御協力のほどをお願い申し上げます。

-- 
自然科学研究機構国立天文台 天文シミュレーションプロジェクト
牧野淳一郎 (プロジェクト長)