巻頭言

天文シミュレーションプロジェクト(Center for Computational Astrophysics, CfCA)は、2006年4月に国立天文台天文学データ解析計算センター が「天文データセンター」と「天文シミュレーションプロジェクト」に分割・ 改組され発足したものです。天文学データ解析計算センターの中で「大規模シ ミュレーション運用グループ」とよばれていた、理論シミュレーション用スー パーコンピューターと重力多体問題専用計算機 GRAPE の共同利用を行ってき たグループが母体となっています。

2007年度末には計算機システムがリプレイスされ、富士通 VPP5000 が NEC SX-9 と Cray XT4 の複合システムとなり、演算能力で50倍の増強を実現しま した。また、 GRAPE-7 システムも運用を開始し、従来の GRAPE-5 システムに 比べると30倍の計算能力の増強を実現しました。さらに2010年度からは GRAPE シリーズの最新機である GARPE-DR の運用も開始しています。

2010年度も、この年報にある通り多くのユーザーが利用し、素晴らしい研究成 果をあげたことは CfCA として嬉しい限りです。

今年度は、新システムの運用の4年目となり、これまでに比べてハードウェア・ ソフトウェアのトラブルもさらに減少し、安定運用ができたのではないかと思 います。また、大量のデータを出すユーザーのためにファイルサーバの増強や、 計算サーバの増強も続けています。今後も、多くのユーザーが有効に研究に利 用でき、素晴らしい研究成果をあげられるシステムを提供すべく努力を続けて いきたいと考えています。また、2013度初頭には現在の計算機システムを入れ 換えて最新の機材を稼働させるべく、機器調達の準備作業を活発化させていま す。

2011年3月には東日本大震災が発生し、その影響で共同利用計算機システムも 一時的に停止を余儀なくされました。2011年7月現在も節電のため縮退運転を 行っています。ご迷惑をおかけしていますが、御理解と御協力をよろしくお願 いします。

2011年7月20日
天文シミュレーションプロジェクト プロジェクト長 小久保英一郎


戻る