List of papers

refereed
  1. Hiroyuki R. Takahashi & Ken Ohsuga, 'GENERAL RELATIVISTIC RADIATION MAGNETOHYDRODYNAMICS SIMULATIONS OF SUPERCRITICAL ACCRETION ONTO MAGNETIZED NEUTRON STAR; -MODELLING OF ULTRA LUMINOUS X-RAY PULSARS', accepted for publication in ApJL
    By performing 2.5-dimensional general relativistic radiation magnetohydrodynamic simulations, we demonstrate supercritical accretion onto a non-rotating, magnetized neutron star, where the magnetic field strength of dipole fields is \(10^{10}\ \mathrm{G}\) on the star surface. We found the supercritical accretion flow consists of two parts; the accretion columns and the truncated accretion disk. The supercritical accretion disk, which appears far from the neutron star, is truncated at around \(\simeq 3R_\mathrm{*}\) (\(R_*=10^6 \mathrm{cm}\) is the neutron star radius), where the magnetic pressure via the dipole magnetic fields balances with the radiation pressure of the disks. The angular momentum of the disk around the truncation radius is effectively transported inward through magnetic torque by dipole fields, inducing the spin up of a neutron star. The evaluated spin up rate, \(\sim -10^{-11}\, {\rm s}\,{\rm s}^{-1}\), is consistent with the recent observations of the ultra luminous X-ray pulsars. Within the truncation radius, the gas falls onto neutron star along dipole fields, which results in a formation of accretion columns onto north and south hemispheres. The net accretion rate and the luminosity of the column are \(\simeq 66L_{\rm Edd}/c^2\) and \(\lesssim 10L_{\rm Edd}\), where \(L_{\rm Edd}\) is the Eddington luminosity and \(c\) is the light speed. Our simulations support a hypothesis whereby the ultra luminous X-ray pulsars are powered by the supercritical accretion onto the magnetized neutron stars.

    Figure: Color shows density (radiation energy density), arrows show velocity (radiation flux) for a left (right) panel. Blue curves show magnetic field lines and yellow curves show photosphere measured from the pole.

  2. Yosuke Matsumoto, Yuta Asahina, Yuki Kudoh, Tomohisa Kawashima, Jin Matsumoto, Hiroyuki R. Takahashi, Takashi Minoshima, Seiji Zenitani, Takahiro Miyoshi, Ryoji Matsumoto 'Magnetohydrodynamic Simulation Code CANS+: Assessments and Applications', submitted to PASJ
    We present a new magnetohydrodynamic (MHD) simulation code with the aim of providing accurate numerical solutions to astrophysical phenomena where discontinuities, shock waves, and turbulence are inherently important. The code implements the HLLD approximate Riemann solver, the fifth-order-monotonicity-preserving interpolation scheme, and the hyperbolic divergence cleaning method for a magnetic field. This choice of schemes significantly improved numerical accuracy and stability, and saved computational costs in multidimensional problems. Numerical tests of one- and two-dimensional problems showed the advantages of using the high-order scheme by comparing with results from a standard second-order TVD scheme. The present code enabled us to explore long-term evolution of a three-dimensional global accretion disk, in which compressible MHD turbulence saturated at much higher levels via the magneto-rotational instability than that given by the second-order scheme owing to the adoption of the high-resolution, numerically robust algorithms.

  3. Hiroyuki R. Takahashi, Ken Ohsuga, Tomohisa Kawashima & Yuichiro Sekiguchi, 'Formation of Overheated Regions and Truncated Disks around Black Holes; Three-dimensional General Relativistic Radiation-magnetohydrodynamics Simulations', accepted for publication in ApJ
    Using three-dimensional general relativistic radiation magnetohydrodynamics simulations of accretion flows around stellar mass black holes, we report that the relatively cold disk (\( \gtrsim 10^{7}\) K) is truncated near the black hole. Hot and less-dense regions, of which the gas temperature is \( \gtrsim 10^9\)K and more than ten times higher than the radiation temperature (overheated regions), appear within the truncation radius. The overheated regions also appear above as well as below the disk, and sandwich the cold disk, leading to the effective Compton upscattering. The truncation radius is \(\sim 30 r_{\rm g}\) for \(\dot{M} \sim L_{\rm Edd}/c^2\), where \(r_{\rm g}, \dot M, L_\mathrm{Edd}, c\) are the gravitational radius, mass accretion rate, Eddington luminosity, and light speed. Our results are consistent with observations of very high state, whereby the truncated disk is thought to be embedded in the hot rarefied regions. The truncation radius shifts inward to \(\sim 10 r_{\rm g}\) with increasing mass accretion rate \(\dot{M} \sim 100 L_{\rm Edd}/c^2\), which is very close to an innermost stable circular orbit. This model corresponds to the slim disk state observed in ultra luminous X-ray sources. Although the overheated regions shrink if the Compton cooling effectively reduces the gas temperature, the sandwich-structure does not disappear at the range of \(\dot{M} \lesssim 100L_{\rm Edd}/c^2\). Our simulations also reveal that the gas temperature in the overheated regions depends on black hole spin, which would be due to efficient energy transport from black hole to disks through the Poynting flux, resulting gas heating.

  4. Ken Ohsuga & Hiroyuki R. Takahashi, 'A Numerical Scheme for Special Relativistic Radiation Magnetohydrodynamics Based on Solving Time-dependent Radiative Transfer Equation', 2016, ApJ, 818, 162
    We develop a numerical scheme for solving the equations of fully special relativistic, radiation magnetohydrodynamics, in which the frequency-integrated, time-dependent radiation transfer equation is solved to calculate the specific intensity. This numerical scheme guarantees a conservation of energy and momentum. Adopting a semi-implicit scheme and a subtime step, the correct solution is obtained even in optically thick regime.
    特殊相対論的輻射磁気流体の数値計算法、特に振動数積分した輻射輸送方程式の数値解法を提唱しました。この方法は従来の方法と異なり、エネルギー/運動量の保存が満たされます。また半陰的解法とsub-stepを用いることにより光学的に厚い状況でも大きなタイムステップを用いて正しい解に収束することを保証しています。

  5. Mariko Nomura, Ken Ohsuga, Hiroyuki R. Takahashi & Keiichi Wada, 'Radiation Hydrodynamic Simulations of Line-Driven Disk Winds for Ultra Fast Outflows', 2016, PASJ, 68, 1616
    Using 2.5-dimensional radiation hydrodynamic simulations, we investigated origins of ultra fast outflows (UFOs). We found that UFOs would exit in the wide range of black hole mass and accretion rate. The observed ratio of UFOs would be a statistical origin, i.e., it is determined by the opening angle of the outflows.

  6. Hiroyuki R. Takahashi & Ken Ohsuga 'Radiation Drag Effects in Black Hole Outflows from Super-critical Accretion Disks via Special Relativistic Radiation Magnetohydrodynamics Simulations', 2015, PASJ, 67, 60
    We performed 2.5-dimensional special relativistic radiation magnetohydrodynamic simulations of super-critical accretion disks. We showed that the outflow is accelerated up to 0.4c. The terminal velocity is determined by the balance of radiation flux force and radiation drag force. We also investigated that supper-critical accretion is possible at least \( \dot M \sim 10^4 \dot M_c \), where \( \dot M_c = L_E/c^2 \) is the critical accretion rate.
    特殊相対論的輻射磁気流体コードを用いて超臨界降着円盤の大局的数値実験を行い、ジェットが輻射によって0.4c程度まで加速されること、この終端速度が輻射フラックスによる力と輻射抵抗のバランスによって決まることを示した。さらに降着率は少なくとも臨界降着の1万倍までは可能である事を示した。

  7. Akihiro Suzuki, Hiroyuki R. Takahashi & Takahiro Kudoh 'Linear Growth of the Kelvin-Helmholtz Instability with an Adiabatic Cosmic-ray Gas', 2014, ApJ, 787, 169
    We investigate effects of cosmic-ray pressure on the linear growth of the KH instability. We found that a shear layer is more destabilized and the growth rates can be enhanced by the cosmic-ray pressure.
    Kelvin-Helmholtz (KH) 不安定性に対する宇宙線の効果を線形解析で調べています。シアー方向に対して垂直な磁場の場合には宇宙線圧力によってKH不安定性の成長率があがること、またシアー方向に対して平行な磁場の場合には宇宙線の拡散の効果の為に垂直な場合に比べて成長率は下がる事を示しました。

  8. Hiroyuki R. Takahashi & Ken Ohsuga, 'Numerical Treatment of Anisotropic Radiation Field Coupling with the Relativistic Resistive Magnetofluids', 2013, ApJ, 772, 127
    We propose a semi-implicit scheme to solve Relativistic Resistive Radiation magnetohydrodynamics (R3MHD). We also apply our R3MHD code to relativistic magnetic reconnection problems including radiation field. We found that inflow and outflow velocities become slower due to the radiation drag force. This fact indicates that the radiation field prevents from efficien energy conversion by the magnetic reconnection when the optical depth to the electron scattering is larger than unity.
    相対論的抵抗性輻射磁気流体方程式(Relativistic Resistive Radiation Magnetohydrodynamics, R3MHD)を数値的に安定に解く方法を提唱しています。また、R3MHDコードを相対論的Petschek型磁気リコネクション問題に適用し、その結果、輻射抵抗がリコネクションによるエネルギー変換を阻害することを示しています。

  9. Hiroyuki R. Takahashi, Ken Ohsuga, Yuichiro Sekiguchi, Tsuyoshi Inoue, Kengo Tomida, 'Explicit-Implicit Scheme for Relativistic Radiation Hydrodynamics', 2013, ApJ, 764, 122
    We propose an explicit-imilicit scheme for numerically solving special relativistic radiation hydrodynamic equations in the moment formalism.
    相対論的輻射流体方程式を数値的に安定に解く方法を提唱しています。
    see also this page

  10. Hiroyuki R. Takahashi, Takahiro Kudoh, Youhei Masada, Jin Matsumoto, 'Scaling Law of Relativistic Sweet-Parker Type Magnetic Reconnection', 2011, ApJ, 739, L53
    We numerically show that the relativistic Sweet-Parker type magnetic reconnection is a slow process for energy conversion as well as that in the non-relativistic reconnection.
    相対論的Sweet-Parkerリコネクションが遅いエネルギー変換である事を数値的に示しました。

  11. Hiroyuki R.Takahashi, Eiji Asano, Ryoji Matsumoto, 'Relativistic Expansion of Magnetic Loops at the Self-similar Stage II: Magnetized outflows interacting with the ambient plasma', 2011, MNRAS, 414, 2069
    We derive the self-similar solution of relativistically expanding magnetic loops interacting with the ambient gas. The solution is numerically confirmed to be stable.
    マグネターフレアに伴う膨張するループと星間ガスとの間に衝撃波を持つ自己相似解を導出し、数値的にもこの解を再現しました。

  12. Hiroyuki R Takahashi, Kei Kotake, Nobutoshi Yasutake, 'Magnetic Field Decay due To the Wave-Particle Resonances in the Outer Crust of the Neutron Stars', 2011, ApJ, 728, 151
    We show that the magnetic energy is dissipated due to the wave-particle interaction inside the outer crust of the neutron star.
    中性子星内部で粒子-波相互作用によって磁気拡散が起きる事を示しました。

  13. Hiroyuki R Takahashi, Youhei Masada ‘Stability MRI-Turbulent Accretion Disks', 2011, ApJ, 727, 106
    We analytically show that disks can be destabilized to thermal, viscous, and gravitational instability due to MRI.
    磁気回転不安定性の成長により、降着円盤内部で熱不安定が成長する可能性を示しました。

  14. Hiroyuki R Takahashi, Tomoyuki Hanawa, Ryoji Matsumoto, 'Extension of the Sweet-Parker Magnetic Reconnection to the Relativistic Plasma', 2009, Journal of Plasma and Fusion Research Series, 8, 246,
    We numerically show that the outflow formed in the collisionless relativistic reconnection is not accelerated up to ultra-relativistic velocity.
    無衝突リコネクションにおいてバルクアウトフロー速度が相対論的にならないことを示しました。
    [movie], [color]: density, [curves]: B field, [arrows]: bulk velocity

  15. Hiroyuki R.Takahashi, Eiji Asano, Ryoji Matsumoto, 'Relativistic Expansion of Magnetic Loops at the Self-similar Stage', 2009, Monthly Notices of Royal Astronomical Society, 394, 1, 547
    We derived self-similar solutions of expanding magnetic loops.
    マグネターフレアに伴う磁気ループ膨張の自己相似解を導出しました。

non-refereed

  1. Hiroyuki R. Takahashi, Ken Ohsuga, 'Magnetic Energy Release in Relativistic Plasma', Proceedings of the International Astronomical Union, Cambridge University Press, Volume 7, Issue S279, p. 405-406

  2. H. R. Takahashi, Y. Masada, 'Stability of MRI-Turbulent Accretion Disks' accepted for publication in RIKEN conference proceedings

  3. H. R. Takahashi, Jin Matsumoto, Youhei Masada, Takahiro Kudoh, ‘Numerical Study of Relativistic Magnetic Reconnection’, AIP conference, in press

  4. H.Takahashi, E.Asano, R.Matsumoto, ‘Particle Acceleration by Relativistic Expansion of Magnetic Arcades’, Highlights of Astronomy, Cambridge University Press, Volume 14, Issue 14, p. 102-102, 2007

thesis

[PhD Thesis] Magnetic Energy Release in Relativistically Expanding Magnetic Loops
[Bac Thesis] 万有引力定数が変化する場合の一様等方宇宙

international conference

- H. R. Takahashi, K. Ohsuga, T. Kawashima & Y. Sekiguchi ‘Numerical Study of Super Critical Accretion Disks’, Black Hole Accretion and AGN Feedback, Shanghai, China, Jun 1 - 6, 2015
- H. R. Takahashi, K. Ohsuga, ‘Numerical Study of Super Critical Accretion Disks’, Plasma Conference 2014, Niigata, Japan, November 18, 2014 , Niigata, Japan November 18 - November 21, 2014 - H. R. Takahashi, K. Ohsuga, ‘Numerical Study of Jets and Outflows from Super Critical Accretion Disks’, ULXs - Implications for our View of the Universe , Leiden, Netherlands - March 31 - April 4, 2014
- H. R. Takahashi,‘Numerical Study of Jets from Supercritical Accretion Disks’, Suzaku-MAXI 2014 Expanding the Frontiers of the X-ray Universe, Ehime Japan, February 19 - 22 2014
- H. R. Takahashi,‘Explicit-Implicit Scheme for Relativistic Radiation Hydrodynamics’, ASTRONUM 2013, 8th International Conference on Numerical Modeling of Space Plasma Flows, Biarritz, France, July 1st - July 5th 2013, (invited)
- H. R. Takahashi, 'Numerical Study of Supercritical Accretion Flow onto the Black Hole Using Relativistic Radiation Magnetohydrodynamic code', APPC12, The 12th Asia Pacific Physics Conference of AAPPS, Makuhari, Japan, July 14-19, 2013
- H. R. Takahashi,‘Magnetic Reconnection in Relativistic Plasmas’, East Asia Numerical Astrophysics Meeting, Kyoto University, Kyoto, Japan, October 29 - November 2, 2012
- H. R. Takahashi,‘Numerical Study of Relativistic Magnetohydrodynamic Reconnection and its Radiative Effects’, Thirteenth Marcel Grossmann Meeting - MG13, Stockholm University, Stockholm, Sweden, July 1-7, 2012
- H. R. Takahashi,‘Radiative MHD Simulation of Relativistic Magnetic Reconnection’, 2012 US-Japan Workshop on Magnetic Reconnection (MR2012) Princeton, US, 2012, May 23-25 (invited)
- H. R. Takahashi, Ken Ohsuga ‘Magnetic Energy Release in Relativistic Plasma’, IAU Symposium 279 'Death of Massive Stars: Supernovae & Gamma-Ray Bursts', Nikko, Japan, 2012, March 12-16
- H. R. Takahashi,‘Numerical Study of Relativistic Magnetic Reconnection with R3MHD Codes’, INTERNATIONAL WORKSHOP ON Particles and Radiation from Cosmic Accelerators CA2012 , Chiba, Japan, 2012, February 20-22
- H. R. Takahashi, ‘Relativistic Magnetohydrodynamic Simulation of Magnetic Reconnection’, Magnetic Reconnection 2010, Nara, Japan, 2010, December 5-9
- H. R. Takahashi, Y. Masada ‘Stability of MRI Turbulent Accretion Disks’, The First Year of MAXI: Monitoring variable X-ray sources - 4th international MAXI Workshop, Aoyama, Tokyo Japan, 2010, November 30 - December 2
- H. R. Takahashi, T. Kudoh, Y. Masada, J. Matsumoto ‘Relativistic Magnetohydrodynamic Simulation of Sweet-Parker type Magnetic Reconnection’, The Fourth East Asia Numerical Astrophysics Meeting (EANAM), Taipei Taiwan, 2010, November 2-5
- H. R. Takahashi, J. Matsumoto, Y. Masada, T. Kudoh ‘Numerical Study of Relativistic Magnetic Reconnection’, Deciphering the Ancient Universe with Gamma-Ray Bursts, Kyoto, Japan, 2010, April 19-23,
- H. Takahashi, T. Hanawa, R. Matsumoto ‘Requirement for the Relativistic Outflow from the Relativistic Magnetic Reconnection’, US-Japan mini-workshop on Magnetic Reconnection 2009, Princeton, USA, 2009, March 3
- H. Takahashi, T. Hanawa, R. Matsumoto ‘Extension of the Sweet-Parker Magnetic Reconnection to the Relativistic Plasma’, International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Japan, 2008, September 8-12
- H.Takahashi, E.Asano, T. Hanawa, R.Matsumoto, ’Magnetic Energy Release in Relativistically Expanding Magnetic Loops’, The US-Japan Workshop on Magnetic Reconnection 2008, Okinawa, Japan, March 3-6, 2008
- H.Takahashi, E.Asano, R.Matsumoto, ’Particle Acceleration by Relativistic Expansion of Magnetic Arcades’, International Conference on Astrophysics of Compact Objects, Huangshan, China, July 1-7, 2007
- H.Takahashi, E.Asano, R.Matsumoto, ’Particle Acceleration by Relativistic Expansion of Magnetic Arcades’, The Extreme Universe in the Suzaku Era, 19, Kyoto, Japan, December 4-8, 2006&
- H.Takahashi, E.Asano, R.Matsumoto, ’Particle Acceleration by Relativistic Expansion of Magnetic Arcades’, The Second East-Asia Numerical Astrophysics Meeting, Daejeon, Korea, November 1-3, 2006
- H.Takahashi, E.Asano, R.Matsumoto, ‘Particle Acceleration by Relativistic Expansion of Magnetic Arcades’, XXVIth IAU GA Joint Discussion, Cosmic Particle Acceleration From Solar System to AGNs, 01-17, Prague, Czech Republic, 2006, 8.17
- E.Asano, - H.Takahashi, R.Matsumoto, ‘Numerical Simulation of Relativistic Expansion of Magnetic Arcades in Magnetars’, The Second East-Asia Numerical Astrophysics Meeting, Daejeon, Korea, November 1-3, 2006

国内発表リスト

- 高橋 博之 '超臨界降着円盤の円盤構造' , 流体力学会年会2015 , 東京工業大学、2015年9月26日
- 高橋 博之 '一般相対論的輻射磁気流体計算による円盤コロナの形成について' , 日本天文学会秋季年会 , 甲南大学、2015年9月10日
- 高橋 博之 '恒星質量ブラックホール降着円盤シミュレーション研究の現状' , 超巨大ブラックホール降着円盤スペクトルの解釈を巡って , 宇宙航空研究開発機構(JAXA)淵野辺キャンパス、2015年8月10日 - 11日, 招待講演 
- 高橋 博之 '高エネルギー天文学、特に降着円盤における輻射過程とシミュレーション研究の現状' , Solar-C時代の太陽研究 , 国立天文台、2015年7月3日, 招待講演 
- 高橋 博之、 '一般相対論的輻射磁気流体計算で探る高降着率円盤構造'、 , 日本天文学会春期年会 、大阪大学、2015年3月21日
- 高橋 博之、 'ブラックホール降着円盤の3次元一般相対論的輻射磁気流体シミュレーション' , 第27回理論懇シンポジウム 「理論天文学/宇宙物理学と境界領域」 、国立天文台、2014年12月23日-12月26日
- 高橋 博之、大須賀健、 '超臨界降着円盤の一般相対論的輻射磁気流体シミュレーション' , 日本天文学会秋季年会 、山形大学、2014年9月11日
- 高橋 博之、 'Relativistic Magnetic Reconnection' , 超新星/ガンマ線バースト研究会2014 、理化学研究所、2014年8月25日-27日 (invited)
- 高橋 博之、'超臨界降着流からのアウトフロー 〜ブラックホールまわりでの放射の輸送と相対論的な磁気リコネクション'、 第7回ブラックホール磁気圏勉強会、熊本大学、2014年3月3日-5日(invited)
- 高橋 博之、'相対論的抵抗性輻射磁気流体コードの開発'、 STEシミュレーション研究会 & 太陽地球惑星系科学(STP)シミュレーション・モデリング技法勉強会 合同研究集会 - 宇宙プラズマ・大気・天体 -、九州大学情報基盤研究開発センター、2013年12月23日-27日(invited)
- 高橋 博之、 '超臨界降着からのアウトフロー形成'、 日本流体力学会年会2013 、東京農工大学、2013年9月13日
- 高橋 博之、 '超臨界降着流からのジェット/アウトフローの形成' 、日本天文学会秋期年会 、東北大学、2013年9月12日
- 高橋 博之、'超臨界降着流からの放射とアウトフローの形成'、 HPCI戦略プログラム分野5'物質と宇宙の起源と構造'全体シンポジウム
- 高橋 博之、'モーメント法における相対論的輻射磁気流体の半陰的解法'、 宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションワークショップ WS2013
- 高橋 博之、'相対論的散逸性磁気流体シミュレーション'、 理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム '計算宇宙物理学の新展開'、つくばエポカル、2012年12月22日-24日(invited)
-高橋 博之、'相対論的輻射(磁気)流体力学'、宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール、千葉大学アカデミックリンクセンター、総合校舎、2012年8月6日-10日(演習担当)
- 高橋 博之、'相対論的抵抗性輻射磁気流体コードの開発とその応用'、 日本天文学会春期年会、 龍谷大学、2012年3月19日-22日
- 高橋 博之、"相対論的磁気リコネクションによるエネルギー解放と輻射による影響"、 HPCI戦略プログラム分野5'物質と宇宙の起源と構造'全体シンポジウム、 秋葉原コンベンションホール、2012年3月8日
- 高橋 博之、"モーメント法を用いた輻射場と相対論的磁気流体の数値解法"、 宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションワークショップ WS2012 千葉大学, 2012年3月6日
- 高橋 博之、"相対論的抵抗性輻射磁気流体方程式の数値解法と相対論的磁気リコネクション問題への応用", 第五回ブラックホール磁気圏勉強会, 大同大学 2012年2月28日-3月1日 (invited)
- 高橋 博之、'相対論的リコネクションと輻射場による影響', NINS/UT Reconnection Workshop 2012, 東京都千代田区一ツ橋 学術総合センター 2F 中会議場4, 2012年2月19日-20日 (invited)
- 高橋 博之、'相対論的MHDリコネクションの輻射による影響'、 CfCA ユーザーズミーティング、 O5、国立天文台三鷹、2011年1月17日
- 高橋 博之、'R3MHD(相対論+電気抵抗+輻射+磁気流体)方程式の数値解法'、 SGEPSS波動分科会'一般相対論とMHDプラズマ', 福井県武生市府中町屋倶楽部, 2011年12月16日-17日(invited)
- 高橋 博之、'Beyond the Relativistic Magnetohydrodynamics: Numerical Scheme for Relativistic Resistive Radiation Hydrodynamics'、 Plasma Conference 2011、 24P155-R、石川県立音楽堂、2011年11月24日
- 高橋 博之、'磁気リコネクションでフレアを説明できるか?' 、AGN-JET WORKSHOP 2011 -他波長放射で探る活動銀河核ジェット-、国立天文台、2011年9月26日-28日
- 高橋 博之、'陰的解法に基づく安定な相対論的輻射磁気流体コードの開発' 、日本天文学会秋期年会、J37a、鹿児島大学、2011年9月20日
- 高橋 博之、'陽・陰解法を用いた相対論的輻射磁気流体コードの開発'、流体力学会、1F34、 都立大学、2011年9月7日
- 高橋 博之、'相対論的磁気流体+αシミュレーション 〜輻射磁気流体編〜' 、千葉大学科研費打ち合わせ、千葉大学、2011年3月11日
- 高橋 博之、'磁気リコネクションにおける相対論と非相対論的プラズマでの違い' 、第4回ブラックホ−ル磁気圏勉強会、大同大学、2011年3月1日
- 高橋 博之、'CfCAキューを用いた研究成果' 、2010年度CfCAユーザーズミーティング、国立天文台三鷹、2011年1月12日
- 高橋 博之、'相対論的磁気リコネクションは速いエネルギー変換機構か?'名古屋大学Ta研セミナー、名古屋大学、2010年11月26日
- 高橋 博之、松本仁、政田洋平、工藤哲洋'相対論的Sweet-Parker型磁気リコネクションの数値的研究'、日本流体学会年会2010、宇宙・惑星(1), 北海道大学、2010年9月10日
- 高橋 博之、'相対論的MHDリコネクションの数値的研究'、千葉大学科研費打ち合わせ、千葉大学、2010年8月30日
- 高橋 博之、政田洋平'磁気回転不安定性を考慮した降着円盤モデル'、2010年春期天文学会春期年会、J14a, 広島大学、2010年3月25日
- 高橋 博之、松本仁、政田洋平、工藤哲洋'近似リーマン解法を用いた相対論的散逸性磁気流体方程式の解法'、2010年春期天文学会春期年会、J15b, 広島大学、2010年3月25日
- 高橋 博之'近似リーマン解法を用いた相対論的Sweet-Parker型磁気リコネクションシミュレーション'、第三回ブラックホール磁気圏勉強会、大阪市立大学、2010年3月2日
- 高橋 博之'相対論的MHDシミュレーションについての議論'、千葉大学科研費打ち合わせ、千葉大学、2010年2月22日
- 高橋 博之、'相対論的散逸性磁気流体方程式の近似リーマン解法'、千葉大学セミナー、千葉大学、2010年2月5日
- 高橋 博之、政田洋平 '磁気回転不安定性が成長した降着円盤の構造'、第22回理論懇シンポジウム、42、名古屋大学2009年12月20日-22日
- 高橋 博之 'マグネターフレアと磁気散逸機構'、京都大学セミナー、京都大学、2009年11月18日
- 高橋 博之 '磁気圧によって駆動された相対論的速度を持つ磁気ループの自己相似的成長'、日本天文学会2009年度秋期年会、J42b、 山口大学、2009年9月15日
- 高橋 博之 '相対論的磁気再結合によるアウトフロー加速と粒子加速'、早稲田大学セミナー、早稲田大学、2009年7月3日
- 高橋 博之、花輪 知幸、松元 亮治、'磁気再結合から相対論的アウトフローが生成される条件'、第9回高宇連研究会'宇宙ジェットの多様性と普遍性'、愛媛大学、2009年3月16-18日
- 高橋 博之、'相対論的磁気リコネクションにおける相対論的アウトフロー生成の可能性について'、第21回理論懇シンポジウム、国立天文台、2008年12月17日
- 高橋 博之、花輪 知幸、松元 亮治、'Sweet-Parker型磁気リコネクションの相対論的プラズマへの拡張'、日本天文学会2008年度春季年会、J52a、国立オリンピック記念青少年総合センター 2008年3月27日
- 高橋 博之、浅野 栄治、松元 亮治、'トロイダル磁場を持つ相対論的に膨張する磁気ループの自己相似解'、日本天文学会2007年度秋季年会、J148a、岐阜大学 2007年9月28日
- 高橋 博之、浅野 栄治、松元 亮治、'膨張する磁気アーケードにおける粒子加速の相対論的PICシミュレーション'、日本天文学会2007年度春季年会、J20a、東海大学 2007年3月29日
- 高橋 博之、浅野 栄治、松元 亮治、'相対論的に膨張する磁気アーケードと粒子加速について'、千葉大学総合メディア基盤センター研究会、千葉大学 2007年3月16日
- 高橋 博之、浅野 栄治、松元 亮治、'相対論的に膨張する磁気アーケード中と粒子加速の理論'、高エネルギー天体現象と粒子加速の理論、大阪大学 2006年11月10日
- 高橋 博之、浅野 栄治、松元 亮治、'相対論的磁気アーケード中での粒子加速'、磁気リコネクションワークショップ、安保ホール(名古屋) 2006年10月4日
- 高橋 博之、浅野 栄治, 松元 亮治、'相対論的磁気アーケードの膨張と粒子加速', 日本物理学会 2006年度秋期年会 領域2 プラズマ宇宙物理、 24pQB 11、千葉大学 2006年9月24日
- 高橋 博之、浅野 栄治, 松元 亮治、'相対論的に膨張する磁気アーケード中での粒子加速', 日本天文学会 2006年度秋期年会、J54a, 九州国際大学 2006年9月21日
- 高橋 博之、浅野 栄治、松元 亮治、'相対論的磁気アーケード中における粒子加速'、日本地球惑星科学連合2006年大会、U054-006、幕張メッセ 2006年5月14日
- 浅野 栄治、- 高橋 博之、松元 亮治、'相対論的に膨張する磁気アーケード膨張とプラズモイド噴出の数値実験'、日本天文学会 2006年度秋期年会、J53a、九州国際大学 2006年9月21日 口頭発表
- 浅野 栄治、- 高橋 博之、松元 亮治、'中性子星磁気圏から噴出する相対論的磁気タワージェットの数値実験'、日本天文学会2007年度春季年会、J19a、東海大学 2007年3月29日
- 浅野 栄治、- 高橋 博之、松元 亮治、'相対論的磁気タワージェットの数値実験'、すざく時代のブラックホール天文学、京都大学 2007年3月13日〜15日

Hiroyuki R. Takahashi