現在地

ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら

HPCネットワークへの接続方法

HPCネットワークの概要

HPCネットワークはCfCAが運用するスーパーコンピュータを筆頭とした各種共同利用計算機が存在するネットワークで、岩手県と東京都の2拠点にまたがった広域ネットワークです。スーパーコンピュータCray XC50が国立天文台水沢地区(岩手県奥州市)にて、各種共同利用計算機(GRAPE計算サーバ解析サーバファイルサーバなど)が国立天文台三鷹地区(東京都三鷹市)にて運用されています。HPCネットワークは水沢地区と三鷹地区を10Gbpsの高速回線で結んでおり、水沢地区と三鷹地区の間で高速のデータ転送が可能です。

CfCAの共同利用計算機アカウントを取得した全ての利用者はVPN(Virtual Private Network; 仮想的な専用線)を用いることでHPCネットワークに接続することができます。
VPN接続方法として、SSL-VPNをご利用ください。IPsec VPNは利用できません。
各OSでの接続方法は下記をご覧下さい(本Webシステムにログインする必要があります)。

注1:
上記以外のOSからもフリーウェアやOS組み込み機能を用いてVPN接続できる場合が幾つかあると思われます。ですが、そうした場合の接続の可否や品質について本プロジェクトでは何らの保証も出来ず、責任を負うことは出来ません。また質問などにもお答え出来ず、サポート外とさせて頂きます。上記以外の接続方法を試される場合には自己責任の範囲内で実行して頂くようお願い致します。

データ転送

XC50、GRAPE、計算サーバのログインノードおよび解析サーバからはHPCネットワーク外へのデータ転送が可能です。
大量のデータをHPCネットワーク外へ転送する場合、これらのサーバから高速にデータを転送することが出来ます。
[注意] 外から手元の環境にssh接続できるよう設定を行なって頂く必要があります。
セキュリティのためHPCネットワークへの接続はsshかscpのみとなっておりますので、wget等の外部とのアクセス手段は使用できません。

$ ssh xc.cfca.nao.ac.jp (XC30へログインする)
$ scp FILE LOCAL_ACCOUNT@IP_ADDRESS:~/ (XC50から手元の環境へデータ転送を行う)

その他

不明点がある場合にはネットワーク接続に関してよくある質問とその答えもご参照ください。