現在地

ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら

平成28年度ユーザーズミーティングプログラム

日時:平成28年 11月29日(火)-11月30日(水)
場所:国立天文台三鷹 大セミナー室(すばる棟1階)

プログラム
11月29日(火)
09:30 - 09:50 受付
09:50 - 10:00 挨拶

Session 1: 座長 横井喜充
10:00 - 10:20 [01] (XC-A) 岡本崇 "宇宙論的銀河形成シミュレーションによる銀河の化学進化"
10:20 - 10:40 [02] (XC-A) 大平豊 "部分電離プラズマ中の平行無衝突衝撃波の構造"
10:40 - 10:55 [03] (XC-B) 高棹真介 "円盤ー中心星相互作用の磁気流体シミュレーション"
10:55 - 11:10 [04] (XC-B) 杉村和幸 "Rapid Black Hole Growth under Anisotropic Radiation Feedback"

(11:10 - 11:30 休憩)

Session 2: 座長 高橋博之
11:30 - 11:50 [05] (XC-A) 木内建太 "長時間寿命の大質量中性子星の進化予想"
11:50 - 12:10 [06] (XC-A) 塚本裕介 "ホール効果による円盤サイズのbimodalityに対する磁場と回転軸のなす角の影響"
12:10 - 12:30 [07] (XC-B+) 西道啓博 "大規模シミュレーション群を用いたダークエミュレータの準備状況"
12:30 - 12:45 [08] (XC-B) 冨田沙羅 "Particle In Cell Simulation of The Weibel Instability in Anisotropically Inhomogeneous Plasma"

(12:45 - 14:00 昼食)

Session 3: 座長 谷川衝
14:00 - 14:20 [09] (XC-A) 政田洋平 "熱対流中での黒点状磁場構造の自発的形成とそのメカニズム"
14:20 - 14:40 [10] (XC-A) 関口雄一郎 "中性子星連星合体の数値相対論シミュレーション"
14:40 - 15:00 [11] (XC-B+) 高橋博之 "一般相対論的輻射磁気流体による降着円盤シミュレーション"
15:00 - 15:20 [12] (XC-A) 高本亮 "Relativistic Magnetohydrodynamic turbulence in Poynting-Dominated Plasma"
15:20 - 15:40 [13] (XC-A) 黒田仰生 "超大質量星の重力崩壊計算"

(15:20 -15:40 休憩)

15:40 - 16:40 運用報告
・全体状況の報告
・各機器運用報告
- XC30 
- 計算サーバ 
- GRAPE 
- 解析・ファイルサーバ、ネットワーク関係
・計算基礎科学連携拠点の活動報告

(16:40 -17:00 休憩)

17:00 - 18:00 リプレイスに関する報告と質疑応答

19:00 - Banquet & Poster Session

11月30日(水)

Session 4: 座長 木内建太
09:30 - 09:50 [14] (XC-A) 石山智明 "最小スケールからの階層的構造形成とサブハロー"
09:50 - 10:10 [15] (XC-B+) 松本倫明 "連星降着シミュレーションによる周連星構造の解明"
10:10 - 10:30 [16] (XC-B+) 富田賢吾 "Current Status of Athena++"
10:30 - 10:45 [17] (XC-B) 簑島敬 "磁気リコネクションに対する拡散過程の影響"

(10:45 - 11:05 休憩)

Session 5: 座長 塚本裕介
11:05 - 11:25 [18] (XC-B+) 澤井秀朋 "弱磁場・低速回転を伴う星の重力崩壊シミュレーション"
11:25 - 11:45 [19] (XC-A) 谷川衝 "白色矮星の爆発に関する研究"
11:45 - 12:05 [20] (XC-B+) 銭谷誠司 "Full Lagrange analysis of particle orbits in magnetic reconnection"
12:05 - 12:20 [21] (XC-B) 横井喜充 "A simple subgrid-scale model for astrophysical turbulence"

(12:20 - 13:30 昼食)

Session 6: 座長 高本亮
13:30 - 13:50 [22] (XC-A) Ken Chen "Multidimensional Simulations of Magnetar Powered Supernovae"
13:50 - 14:10 [23] (XC-A) 前田啓一 "多次元超新星モデルに基づいた輻射輸送計算"
14:10 - 14:25 [24] (XC-B) 斎藤貴之 "Chemical Evolution Library の開発"
14:25 - 14:40 [25] (XC-B) 平居悠 "Early chemo-dynamical evolution of dwarf galaxies deduced from enrichment of r-process elements"

※講演時間は、XC-A, B+カテゴリが 20分(15分講演+5分質疑応答)、その他が15分(12分講演+3分質疑応答)です。
※本年度は講演者数が多く、時間の余裕がありません。時間厳守でお願いします。
※本年度は海外の方も参加されます。可能であれば、発表資料(スライド・ポスター)は英語でご準備をお願いいたします。発表言語は日本語でも英語でも構いません。
※成果報告においては、単なる科学的な成果だけではなく、使用した計算機資源に関する報告も含めるように心掛けてください。特にXC-Aユーザーは、スライド一枚程度で構いませんので、XC-Aのカテゴリが必要であった根拠などを示してください。

ポスター講演(サイズA0)
[01] 井上剛志 (cfca) フィラメント状星間雲と磁場の向きの強い相関の物理的起源
[02] 佐塚達哉 (XC-B) Evolution of binary seeds in collapsing protostellar gas clouds
[03] 鈴木昭宏 (XC-B) Hydrodynamical interaction of mildly relativistic ejecta with an ambient medium
[04] 中村航 (XC-B+, 計算サーバ) 重力崩壊型超新星の回転依存性
[05] 松本仁 (XC-B) Synergetic Growth of the Rayleigh-Taylor and Richtmyer-Meshkov Instabilities in the Relativistic Jet
[06] 田川寛通 (XC-B) 多重孤立BHの合体によるGW150914の説明
[07] 銭谷誠司 (XC-B+) Kinetic Ohm's law in relativistic magnetic reconnection
[08] 朝比奈雄太 (XC-B) AGNアウトフローによる非一様な星間空間へのフィードバックの磁気流体シミュレーション
[09] 臼田知史 (XC-B) 有限要素法によるTMT望遠鏡本体構造の免振性能解析
[10] 本山一隆 (計算サーバ) 星間化学シミュレーションの高速化手法の開発
[11] 水田晃 (XC-B) 3次元GRMHD数値実験による相対論ジェット形成と最高宇宙線加速
[12] 宮澤慶次郎 (XC-B) 回転系における衝撃波近傍での角運動量の非物理的増加
[13] 戸次宥人 (計算サーバ) 2次元平均場流体モデルを用いた2セル型太陽子午面流の研究
[14] 大井喜智 (XC-MD) 4重極活動領域とフラックスロープ形成の3次元磁気流体シミュレーション
[15] 穂積俊輔 (XC-B) Merging Simulations of Two Spherical Galaxies with a Self-Consistent Field Method
[16] 竹重聡史 (XC-B) シンクロトロン放射を考慮した輻射磁気流体計算コードによる磁気リコネクション過程
[17] 脇田茂 (計算サーバ) Numerical simulations of planetesimal collisions
[18] 熊本淳 (XC-MD) 円盤銀河における年齢速度分散関係の解釈
[19] 岩上わかな (XC-B) Newtonian Boltzmann方程式を解くニュートリノ輻射流体計算によるRay-by-Ray近似の評価
[20] 押野翔一 (cfca) High-resolution N-body Simulations for Planet Formation
[21] 高橋卓也 (XC-B+) Energetic studies on solar flares driven by turbulent magnetic reconnection
[22] 川島朋尚 (XC-B) Super-critical column accretion onto neutron stars