現在地

ゲストさん、ようこそ。 ログインはこちら / アカウント作成はこちら

利用規則

計算機利用規則

(目的)
第1条
この規則は、国立天文台天文シミュレーションプロジェクト(以下「CfCA」と呼ぶ)の
計算機システム(以下「システム」と呼ぶ)の利用について必要な事項を定めることを目的とする。

(利用資格および利用申請資格)
第2条
システムを利用しようとする者は、所定の計算機利用申請書をCfCA長に提出しその承認を受けなければならない。
システム利用を行なえる者、およびシステム利用申請を行なえる者は次に掲げる各号のいずれかに該当する者とする。
1. 天文学または関連分野の研究者であり、かつ以下の(a)(b)のいずれかである者
 (a) 日本の研究機関・大学院に所属する常勤・非常勤研究者、大学院生
 (b) 日本の大学院で修士号または博士号を取得し、日本以外の研究機関に所属する研究者(大学院生を含む)
2. その他、特にCfCA長が適当と認めた者

(利用の種類)
第3条
システムの利用の種類は、次の各号の一に該当するものに限るものとする。
1. 天文学および関連分野の研究開発に関わる計算機利用
2. その他特にCfCA長が適当と認めた研究および業務

(利用資格の取消し等)
第4条
CfCA長は、利用者がCfCAの定めるところに従わない場合または承認された目的以外にシステムを利用した場合には、
その利用資格を取消す、またはその利用を停止することができる。

(その他)
第5条
この規則に定めるもののほか、システムの利用について必要な事項は、CfCA長が別途内規として定める。

(附則)
1. この規則は平成20年4月1日より施行される。
2. この規則は平成29年4月1日より一部を改正して施行される。
3. 本規則の改廃は専門委員会に諮った上でCfCA長が行なう。